スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録~Uluruへの道~ 3ページ目

昨日はちょっとした都合で書けませんでした。つづき待ってる方(いるのか?)すみません。
さて、どこまで書きましたっけ?あぁKata Tjutaに到着するところまでですね。

続きを読む »

スポンサーサイト

旅の記録~Uluruへの道~ 2ページ目

さぁ、口約通り旅日記の2ページ目ですよ。これ全部で何ページになんだろう。
因にこれ書きながら15日はこっちにすれば良かったと後悔した。そうすれば今回のでAliceの様子書いて、次からツアーの様子を始められたのに、、、

続きを読む »

旅の記録~Uluruへの道~ 1ページ目

さて、少々時間が空きましたが今回の旅の日記を加筆修正して載せてみようと思います。長くなりそうなので幾つかに分けて。
今回はその第一回です。

そう言えばどこに行ったのか具体的に書いてなかったですね。まぁわざわざ言わんでも分かると思いますが、地球のへそ、ウルル(エーアーズロック)とその周辺を訪ねてきました。



それと、この記事には関係ありませんが、スパム対策で「http」を禁止用語にしました。コメントでサイトのアドレス書く時は「ttp」って書くとかしてください。




続きを読む »

帰って

きました。

1週間程、、、

世界の中心に愛を叫びに行ってきます!


・・・

・・・ ・・・

・・・ ・・・ ・・・


   彼  女
無論折り紙への、、、

Paper Crane 6月例会

今回は例会前にヤボ用で大学に寄っていた為遅刻。2:50くらい。そしてそう言う時に限って新顔がいっぱい来るという。自己紹介するタイミングを逃した...

着いて暫くはマット、ダレンとオーストラリアコンベンションについて話し合う。まだスポンサーが見つからず、こちらの士気も上がらないので今年はやらずに来年に持ち越すか、小さな展示会だけになるかもしれない。
そのあと一応やると仮定して今回の顔作品はどうしようかという話になる。前回は神谷さんのコトドリ、その前はスティーブンのハリモグラ、今回は、、、幾つか候補を出した結果、私のエリマキになってしまった。
そしてそこから話がそれてダレンにそいつの折り方を吐けと脅され、唐突に講習が始まる。だいたい3:50くらい。そして1時間とちょっとで終わる。おー、ちょうど解散時間の4時じゃぁないか。紙はダレンが持っていたエレファントハイドを使ったのだが、厚い。襟をひろげるとき指が痛かった。
因にマットは私の後ろで裏打ち講座してた。スプレー臭い。もっと窓の近くでやりなさい。
期待のホープ、エリオットは裏打ち講座と、エリマキ講習と、新作の試し折りの3つをてんてんといていた。因に新作と言うのは人魚だそうで、nhさんの貞子とか神谷さんの龍神とかからヒントを得て展開図を描いたそうな。私は展開図をはじめに作るなんて出来ん。彼は設計に関する知識ならすでに私を上回ってると思う。というか私が知らなすぎなのか。
その人魚の展開図はFlickrにあがってます。私のコンタクトのどれかが彼なので気になる人は探してみましょう。

さて、4:00になった訳だが当然ながら誰も帰らない。結局全員が出たのは4:40くらい。
けど私はiPodを机の上に忘れて来た為会場に戻る。けど実はちゃんとポッケに入っていたので無駄足になる。と、おもったら紙切る時に使った定規が床に落ちてた。良かった、戻って来て。

特にもう書く事はないかな。来月につづく。

キリン

2009年も既に半分が過ぎ去ろうとしている事に気がついて恐怖の念を感じずにはいられない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。というか速すぎでしょう!ついこないだ雑煮を食っていたと思っていたら、実はベガとアルタイルにメッセージを送る日までもうあと一月だなんて。

さて1つ前のエントリで新作創作を課題提出と同時に行ったという話をしました。あれから数週間経った訳ですが、今週は月から水まで試験がありました。とても忙しかったです。忙しかったんです。もう言いたい事はわかったでしょうか。そうです。今回は試験勉強と平行して新作創ってました。でも本格的に紙弄ったのは水の夜からですよ!本当ですよ、試験勉強を優先しましたよ!閃いた事を忘れない様にちょっとだけ弄ってただけですよ!
私は設計が出来ない、というか性に合わないので創作はいつでもアイデアが浮かぶ(もしくは降りてくる)の待ちです。そして何かしら追い詰められた状態というのがアイデアが最も現れやすいようです。何とかならんかね、これ。

そろそろ新作の事話さないとくだらない話でエントリが埋まってしまいますね。ってことでどん。
しりとりで名前を呼んでは行けないあの人

キリンです。また一つずっと折りたかったけど折れなかった対象を消化出来ました。以前宮島さんがキリンはよほどの事をしないと個性的なものは出来ないと書いていましたが、まさにその通りで、長い間ずっと悩んでいました。いかに概作達と似ないものを折るかを考え続け、結局煮詰まって諦めてしまいました。
数年経ち、インサイドアウトでがんばってみようかと思ったものの撃沈し、今回多忙と言う最もアイデアに恵まれ易い状況に置かれついに折り上がったのでした。根本的な構造は当時のアイデアからほとんど変わっていないので、やはり技術量の向上が大きいのでしょうな。
ポイントは、、なんだろう、、、ないな、、、あ、前から見てもキリンっぽい顔を心がけました!

じゃ、別アングルを。
左前右前
横後ろ

顔アップ。耳と角の両方が内部カドです。何と言う無茶な事をw
クローズアップ(記事名にあらず、探偵団的な意味で)

希望を言えば前脚と首の付け根のでっぱりが欲しいんですが、エリマキトカゲのとき同様いろんな都合により断念。きっと将来折り直す時にアップデートされる事でしょう。

カド配置は非常に平凡。仕上げでがんばっています。比率にはシルバー短形を採用してます。因にこの展開図には描き込んでいませんが、後脚を折る時に何故か60°という角度が登場します。なれない角度だと思っていたらまさかw
やっぱ後脚の60°を描けば良かった...時既に遅し


それから今回の創作の過程でわかった事がありました。私の作品が総じて「かわいい」と評価されるわけです。どうやら私は生物を折る時に無意識にその成体ではなく子供もしくはまだ成長しきっていない若い個体を想像しながら折っているようです。たとえ目の前に資料として存在している写真なり映像なりが成体のものであってもです。これはいったいどういう事か...
わかる奴がいたらここに来い、そして俺に説明しろ!ただしロリコンとは言うな!w
いつか、いつかは誰もがかっこいいと言う様なものを!いや、いっそ「かわいい」が私の作風だと考えればいいのか。


6/5 追記:
ちゃんと計算したら僅かに60°じゃなかった。64.471...°
けど実際に折ると紙の厚みとかの影響で≈60°になる。
カレンダー -Calendar-
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事 -Recent Entries-
最近のコメント -Recent Comments-
折紙作品一覧 -Creation List-
大体創作順。下に行く程荒削り。サムネクリックで紹介記事に飛びます。
ライオン1.5 -Lion ver1.5-NEW
虎 -Tiger-NEW
クマ -Bear- カワセミ -Kingfisher- うま -horsey- ウサギ -Rabbit- ラブラドール・レトリバー -Labrador Retriever- コリー -Collie- カエル -Frog- リス -Squirrel- ブタ -Pig- 馬 -Horse- キリン -Giraffe- エリマキトカゲ -Frilled neck lizard- ゾウ -Elephant- タヌキ -Raccoon Dog- ネコ -Cat- 七面鳥 -Turkey- モモンガ -Flying Squirrel- 金魚 -Gold Fish- ウシ -Cow- ネズミ -Mouse- ティラノサウルス 2008ver. -Tyrannosaur 2008ver.- トラ -Tiger- ゴリラ -Gorilla- カンガルー(親子) -Kangaroo (Baby & Mother)- カンガルー -Kangaroo- SDフェニックス -SD Phoenix- 烏天狗 -Karasu Tengu-

お蔵入り作品
ライオン -Lion- 兜 -Samurai Helmet- SDペガサス -SD Pegasus- SDティラノ -SD Tyrannosaur- SDトリケラ -SD Triceratops- ティラノサウルス -Tyrannosaurus-
掲載情報 -Diagram, Article List-
genの描いた折り図等が掲載されている文献のリストです。

[折り図]
作品集鋭意執筆中(2015年末出版予定)

端正な折り紙
山口真 著
(一般書籍)
- キリン

折紙探偵団マガジン147号
- カンガルー2013年版

折紙探偵団マガジン143号
- バイオリン

折紙探偵団折り図集 Vol.19
- にわとり

2013 OUSA Annual Collection
- ライオン

Horses in ORIGAMI
John Montroll 編
(一般書籍)
- うま

折紙探偵団マガジン138号
- エリマキトカゲ

Designer Origami
Matthew Gardiner 著
(一般書籍)
- リス(修正版)
- モモンガ(修正版)
- カンガルー(再筆)
- 金魚

Czech Origami Society Diagrams Collection 2012
- ネズミ(修正版)

折紙探偵団折り図集 Vol.18
- キリン

折紙探偵団マガジン132号
- カワセミ

折紙探偵団折り図集 Vol.17
- ウサギ

折紙探偵団折り図集 Vol.16
- リス

折紙探偵団折り図集 Vol.15
(絶版)
- モモンガ
- 七面鳥

2009 OUSA Annual Collection
- ウシ

PAJARITA-CONVENCIÓN 2009
(入手困難)
- ネズミ

折紙探偵団折り図集 Vol.14
(絶版)
- カンガルー(親子ver.)

Folding Australia 2007
- カンガルー
- 白鳥

[記事]
折紙探偵団マガジン128号
- ペーパーフォルダーの横顔・43(インタビュー記事)

折紙探偵団マガジン113号
- おりすじ「折り紙小僧の出来るまで」

折紙探偵団マガジン106号
- コンベンションレポート「Folding Australia 2007」

注)掲載文献が絶版となっている折り図の入手は残念ですが諦めて頂くしかありません。お問い合わせもご遠慮ください。

入手出来るものについては是非手に入れて折って頂きたく思います。
最近のトラックバック -Recent Track back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。