スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録~Uluruへの道~ 1ページ目

さて、少々時間が空きましたが今回の旅の日記を加筆修正して載せてみようと思います。長くなりそうなので幾つかに分けて。
今回はその第一回です。

そう言えばどこに行ったのか具体的に書いてなかったですね。まぁわざわざ言わんでも分かると思いますが、地球のへそ、ウルル(エーアーズロック)とその周辺を訪ねてきました。



それと、この記事には関係ありませんが、スパム対策で「http」を禁止用語にしました。コメントでサイトのアドレス書く時は「ttp」って書くとかしてください。




6月13日(土)
7:45pmにSouthern Cross駅にある長距離バスターミナルに到着。ロビーでチェックインして乗車券を受け取り、バスの腹の中にカバンを投入する。
目的地エアーズロックへのツアーの発着地であるAlice Springs行きの列車、GHAN号に乗る為まずはこのバスでAdelaideまで行きます。
出発まで30分あるのでぶらぶらしているとワーホリの韓国人に韓国語で話しかけられる。ナニ言ッテルノカ全然分カンナイヨ。
その人と英語で話してるといつの間にか時間になっており運転手に速く乗れと急かされる。
8:20pmに出発。到着は翌朝6:00am予定。Bararat、Ararat、etcで乗客を拾いながら進む。
ところでバス内では退屈しのぎとして映画のDVDが流れていました。たしかEAGLE EYEってやつだっけ?車に乗りながら車がクラッシュして炎上する様な映像はあまり見たくないです...

6月14日(日)
いつの間にか寝てしまったらしく、1:00am以降の記憶がない5:00am頃に目を覚ます。
6:30am頃にAdelaide着。列車の出る駅への行き方を知る為にTourist Informationに行きたいのだが日曜と言う事もあり開くのが9:00amなので仕方なくバスターミナルないで2時間待つことにする。外暗いし。寒いし。
そろそろ行こうかというところで時差の存在に気付く。-30分、、、だと?!待ってるのがばからしくなったので市内を歩く事にする。が、開いている店がない。どこも閉まっている。人があんまいない。まぁ日曜の朝だしなぁ。
9時になり開いたばかりのInformationに入り道を聞く。
ついさっき2時間超の時間を過ごしたバスターミナルからシャトルが出ていると言われる。orz
まぁ街を見て回れたし良しとしよう。
鴨 in Adelaide
アデレード四(三)豚衆参上!Oliver君
写真は街中で見つけた噴水にいた鴨と街角アート。
豚は全部で4匹(もう一匹は奥のゴミ箱の裏)おり、全員に名前がある。Horatio、Oliver、Truffles、Augustaと言うらしい。
1匹があさっているゴミ箱は本物ではなく偽物。鉄製のゴミが入ってます。バナナがいい感じ。さりげなく本物のゴミも混ざってますが。

列車が出る1時間前の11:20amにチェックインする。その時の受付嬢がかわいかった。
荷物を預けたあと土産物を見ているとさっきの嬢がレジ打ちしてた。なんとなく小さなラクダのぬいぐるみ?人形?を買う。
30分程してプラットホームに行くと、カールした髭がダンディなおじさまがクルーの紹介しながらトークを始めたところだった。GHAN号恒例の儀式みたいなものらしい。今年はちょうど運行を始めてから80年らしく、みんなでハッピーバースデーを歌う。
おじさま
儀式も終わり各々自分の席がある車両へ。
私の席があるのは一番安いケツの車両だったのだが、トイレの他にシャワーが付いてた。水どこから来てんだ。
因に例の嬢は今度はここで客の案内してた。何と言う働き者。
THE GHAN

出発して暫くしたところで貨物車両が大量に置かれている場所のそばを通ったのだが、その全てに落書きが施されており逆に壮観だった。

郊外に出始めた頃に線が切れたまま放置された電柱を見つける。目的地に若干の不安を覚える。

ずっと牧草地帯を走る。緑、緑、緑、、、
赤い大地はいつ頃見られるのだろうか。
世界の車窓から。今週はアデレード郊外、GHAN号からお送りします。
15:00pm過ぎから景色が全体的に乾いた感じになり始める。草に瑞々しさがない。
ラクダとカンガルーで遊ぶ。
ぶらーん、ぶらーん、、、

14:00pm過ぎにはさらに乾燥し始める。が、突然のシャワー(通り豪雨)に降られ乾いた感じの写真が撮れない、、、
雨、あめ、アメ、飴、、、お腹空いた、、、

雨が止み、雲の隙間から日光が差し込む。きれい。
反対側の窓には虹が。きれいに撮れなかったけど、、、

これは天使かなんかが降りてきそうだなぁ、と思っていると2重のレインボーが降臨する。きれい。

ちょうど湖を渡っている時に日が沈んだので、夕日が湖面に映ってすてきだった。
ゆうやけこやけ

因に隣には無口で強面なおじいさんが座っていたのだが、話してみると非常に感じの良い方だった。カンガルーを折って差し上げる。
途中停車駅に着くとおじいさんはありがとうと言って降りて行きました。以降その席が埋まる事はなかったので、一人で二席使ってました。

18:00pmになりとなりの売店車両で夕食が買える様になったので食べに行く。パスタベイクとサラダを買ったのだが、共用ラウンジが既に満席で座れない。仕方ないので自席に持ち帰って食べる。味は可もなく不可もなく。
暗くて見るものもないし手元にある1枚を除いて折り紙は全て預けた荷物から出し忘れていたので、仕方なくバッテリーの消費を覚悟でiPodで動画を見て時間をつぶす。
せっかくあるんだから使おうじゃないか、ってことでシャワーを浴びて23時頃に寝る。

6月15日(月)
4:05amくらいに起きる。外は真っ暗。なんも見えない。暇なので二度寝する。
6:30amくらいに再び起きる。外はちょうど白み始めたところで、目の前にはオーストラリアらしい赤茶けた大地が広がっていました。けどそれなりに木があるので砂漠と言う感じはしない。サバンナっぽいけど、高い木はなく草も少ないのでサバンナとは呼べないのかな。7時過ぎに日の出を見る。
あさやけこやけ

10時頃にSouth Australia州とNorthern Territory州の境を越える。この頃には大分木の姿も減って来ている。
境界に置かれた碑を撮るためにカメラ構えて待っていたのだが、期待を裏切り、というか予想通りというか、けっこう小さく、危うく撮り逃すところだった。案の定逃した人もいて、ちゃんと撮った人のカメラのスクリーンに写る境界を撮っている人もいた。
NT←□→SA
赤い大地

11:30am頃にFinke川を渡る。川と言っても今は完全に涸れており水はない。ここを過ぎればあと2時間くらいで目的地、Alice Springsである。
からっから。車の轍とか足跡とかある。

12:20pm頃から木が増え始める。
世界の車窓から。今週はオーストラリア中心部、GHAN号からお送りします。

遠くにアンテナ塔が見えたのだが、それが雲の向こう、約束の場所のユニオンの塔にみえた。昨日見たMADのせいか。
あそこに平行世界が、、、

13:30過ぎにAlice Springs到着!
Alice Springs!!!!!

荷物を受け取り、バックパッカー"Haven"へ行くバスのところへ。バスに乗り込み出発。そして到着。この間わずか2分。近っ!wバスいらねぇw
部屋は8人部屋でカナダ人、フランス人、イスラエル人、ポルトガル人、韓国人×2、オーストラリア人、私というかなりのグローバルぶり。日本のユースとかに泊まってもこれは絶対にあり得ない。イスラエルの人は昨日私のと同じツアーから戻って来たらしく、様子とか買い足した方がいいものの情報を貰う。
因に彼は世界中回っているそうで、日本にも行った事があるらしい。その時は節約の為に漫喫で寝泊まりしてたそうだ。
お部屋♪

買い物の為に町の中心部へ行く。Aliceは小さいけどなかなかいいとこで、オーストラリアの中心らしくアボリジニの人達が多い。すれ違う人の半数以上がアボリジニ。
アボリジニアートのギャラリーがいくつもあったので明日行こうと考えつつ、10:30に就寝。


さて今回はここまで。続きはまた明日!(の予定)

関連記事

コメント

EAGLE EYE。

>車に乗りながら車がクラッシュして炎上する様な映像はあまり見たくないです...

自分なんか横浜西口でゴジラ映画を見ていたら、ゴジラが横浜西口を壊しにきましたよ!……とか、どーでもいー部分に反応するヤツ

なんにせよ、ど疲れさまですm(_ _)m
楽しそうだねぇ……。

No title

>ゴジラが横浜西口を
それは私も反応しますね。

>ど疲れさまです
ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー -Calendar-
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事 -Recent Entries-
最近のコメント -Recent Comments-
折紙作品一覧 -Creation List-
大体創作順。下に行く程荒削り。サムネクリックで紹介記事に飛びます。
ライオン1.5 -Lion ver1.5-NEW
虎 -Tiger-NEW
クマ -Bear- カワセミ -Kingfisher- うま -horsey- ウサギ -Rabbit- ラブラドール・レトリバー -Labrador Retriever- コリー -Collie- カエル -Frog- リス -Squirrel- ブタ -Pig- 馬 -Horse- キリン -Giraffe- エリマキトカゲ -Frilled neck lizard- ゾウ -Elephant- タヌキ -Raccoon Dog- ネコ -Cat- 七面鳥 -Turkey- モモンガ -Flying Squirrel- 金魚 -Gold Fish- ウシ -Cow- ネズミ -Mouse- ティラノサウルス 2008ver. -Tyrannosaur 2008ver.- トラ -Tiger- ゴリラ -Gorilla- カンガルー(親子) -Kangaroo (Baby & Mother)- カンガルー -Kangaroo- SDフェニックス -SD Phoenix- 烏天狗 -Karasu Tengu-

お蔵入り作品
ライオン -Lion- 兜 -Samurai Helmet- SDペガサス -SD Pegasus- SDティラノ -SD Tyrannosaur- SDトリケラ -SD Triceratops- ティラノサウルス -Tyrannosaurus-
掲載情報 -Diagram, Article List-
genの描いた折り図等が掲載されている文献のリストです。

[折り図]
作品集鋭意執筆中(2015年末出版予定)

端正な折り紙
山口真 著
(一般書籍)
- キリン

折紙探偵団マガジン147号
- カンガルー2013年版

折紙探偵団マガジン143号
- バイオリン

折紙探偵団折り図集 Vol.19
- にわとり

2013 OUSA Annual Collection
- ライオン

Horses in ORIGAMI
John Montroll 編
(一般書籍)
- うま

折紙探偵団マガジン138号
- エリマキトカゲ

Designer Origami
Matthew Gardiner 著
(一般書籍)
- リス(修正版)
- モモンガ(修正版)
- カンガルー(再筆)
- 金魚

Czech Origami Society Diagrams Collection 2012
- ネズミ(修正版)

折紙探偵団折り図集 Vol.18
- キリン

折紙探偵団マガジン132号
- カワセミ

折紙探偵団折り図集 Vol.17
- ウサギ

折紙探偵団折り図集 Vol.16
- リス

折紙探偵団折り図集 Vol.15
(絶版)
- モモンガ
- 七面鳥

2009 OUSA Annual Collection
- ウシ

PAJARITA-CONVENCIÓN 2009
(入手困難)
- ネズミ

折紙探偵団折り図集 Vol.14
(絶版)
- カンガルー(親子ver.)

Folding Australia 2007
- カンガルー
- 白鳥

[記事]
折紙探偵団マガジン128号
- ペーパーフォルダーの横顔・43(インタビュー記事)

折紙探偵団マガジン113号
- おりすじ「折り紙小僧の出来るまで」

折紙探偵団マガジン106号
- コンベンションレポート「Folding Australia 2007」

注)掲載文献が絶版となっている折り図の入手は残念ですが諦めて頂くしかありません。お問い合わせもご遠慮ください。

入手出来るものについては是非手に入れて折って頂きたく思います。
最近のトラックバック -Recent Track back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。