スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルボルンの電車

日本とオーストラリアでは違う事がたくさんあるわけですが、先日それを再確認する出来事に遭遇した。


その日私は外出先から帰宅するべく駅で電車を待っていた。時刻表には4:20pmと記されているが実際電車が入ってきたのは4:26pm。まぁこの程度のずれはいつもの事なので気にすることなく車両に乗り込んだ。

問題が発生したのはこの後、2駅ほど進んだ時である。
1人の乗客が下車するべくドアに手をかけた(こっちの電車は半自動で、開ける時は手動、閉じる時は自動になっている。)。ところがドアはびくともしない。そばにいた男がそれを助けようと手をかしたのだが、それでもドアは動かない。結局そのドアは開く事はなく電車は動き出してしまった。
次の駅に着き今度こそとさっきの人がドアに向かう。だがやはりドアは動かない。それどころか突如車内の電気が消えてしまったのである。
ざわめく車内。
そこにアナウンスが流れる。

「どうやら幾つかの車両でドアが故障しているようです。今、原因を探しているので暫くお待ち下さい。また作業中は車内の電気を消させていただきます。」

何だそういう事か、と胸を撫で下ろす乗客たち。
周りの人と雑談をしたり、どこからか聞こえてくる「Are we gonna die?」という子供の言葉に笑うこと数分。
再びアナウンスが流れる。

「残念ながら故障の原因が分かりません。これからこの電車は車庫に戻るので、乗客の皆さんはドアをこじ開けて外に出て15分後に来る次の電車を待ってください。」

!!!

今彼はなんと言った?

ドアをこじ開けて
ドアをこじ開けて
ドアをこじ開けて

全く悪い冗談である。

しょうがないので私含む数人でドアを引っ張る事になった。
まるで昔絵本で読んだ「大きなカブ」のようである。

かくして何とかドアを開けた私達は、このポンコツ電車から脱出する事に成功し次の電車を待つ事になったのである。


が、事件はこれで終わらなかった。


思ってたより長くなったので後編に続く。
関連記事

コメント

続きが読みたい!

で、どうなったの?

ここでははじめまして。

続きは明日の日記で。お楽しみに。

確かに素敵なお話しでした(笑)

大爆笑!!。
こじ開けて こじ開けて? こじ開けて!!?
の、ところで1人で大うけしました。
後編から読んだので(後編も大爆笑だったよ)、
何々?と、期待感ワクワクで読んだら、想像以上の出来事が!!。
うぷぷぷ(思い出し笑いが)
あっ、お疲れさまでした。大変だったね(笑)

ヒヤリング、バツグンだね!

初めまして!訊きたいことがあるのですが、いいかな?
ねぇ、「こじ開ける」って英語でなんていうの?あとは「線路に乗っている」も教えて下さいな、すごく興味があるんだ。

はじめまして

taroさん、sangoshoさんコメント有難うございます。

>taroさん
人が笑う文章を書くにはどうすればいいのか結構悩んだので、こういう反応はとてもうれしいです。

>sangoshoさん
実際のアナウンスでは「open」と言っていました。この単語は「開ける」という意味ですが、今回のシチュエーションではドアが固定されていてムリヤリ開ける必要があったため、「開ける」よりも「こじ開ける」の方が適していると思いそのように訳しました。それにこの方が笑えるでしょう?(笑
「間違った線路にのっています」の部分は「This train is traveling on a wrong line.」といっていた気がします。事件が起きてからそろそろ1週間なのでもう忘れ始めてる・・・。

ありがとう!

素敵な意訳をしてくれていたんだ。上手いっ!!まさに言語が体にしみこんでいるね。
電車の乗務員の人が a wrong line  と言ってしまうところもナカナカ好いナァ。JRなんかでこれ言っちゃったら、ヒンシュクものだよな。ありがとう!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー -Calendar-
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事 -Recent Entries-
最近のコメント -Recent Comments-
折紙作品一覧 -Creation List-
大体創作順。下に行く程荒削り。サムネクリックで紹介記事に飛びます。
ライオン1.5 -Lion ver1.5-NEW
虎 -Tiger-NEW
クマ -Bear- カワセミ -Kingfisher- うま -horsey- ウサギ -Rabbit- ラブラドール・レトリバー -Labrador Retriever- コリー -Collie- カエル -Frog- リス -Squirrel- ブタ -Pig- 馬 -Horse- キリン -Giraffe- エリマキトカゲ -Frilled neck lizard- ゾウ -Elephant- タヌキ -Raccoon Dog- ネコ -Cat- 七面鳥 -Turkey- モモンガ -Flying Squirrel- 金魚 -Gold Fish- ウシ -Cow- ネズミ -Mouse- ティラノサウルス 2008ver. -Tyrannosaur 2008ver.- トラ -Tiger- ゴリラ -Gorilla- カンガルー(親子) -Kangaroo (Baby & Mother)- カンガルー -Kangaroo- SDフェニックス -SD Phoenix- 烏天狗 -Karasu Tengu-

お蔵入り作品
ライオン -Lion- 兜 -Samurai Helmet- SDペガサス -SD Pegasus- SDティラノ -SD Tyrannosaur- SDトリケラ -SD Triceratops- ティラノサウルス -Tyrannosaurus-
掲載情報 -Diagram, Article List-
genの描いた折り図等が掲載されている文献のリストです。

[折り図]
作品集鋭意執筆中(2015年末出版予定)

端正な折り紙
山口真 著
(一般書籍)
- キリン

折紙探偵団マガジン147号
- カンガルー2013年版

折紙探偵団マガジン143号
- バイオリン

折紙探偵団折り図集 Vol.19
- にわとり

2013 OUSA Annual Collection
- ライオン

Horses in ORIGAMI
John Montroll 編
(一般書籍)
- うま

折紙探偵団マガジン138号
- エリマキトカゲ

Designer Origami
Matthew Gardiner 著
(一般書籍)
- リス(修正版)
- モモンガ(修正版)
- カンガルー(再筆)
- 金魚

Czech Origami Society Diagrams Collection 2012
- ネズミ(修正版)

折紙探偵団折り図集 Vol.18
- キリン

折紙探偵団マガジン132号
- カワセミ

折紙探偵団折り図集 Vol.17
- ウサギ

折紙探偵団折り図集 Vol.16
- リス

折紙探偵団折り図集 Vol.15
(絶版)
- モモンガ
- 七面鳥

2009 OUSA Annual Collection
- ウシ

PAJARITA-CONVENCIÓN 2009
(入手困難)
- ネズミ

折紙探偵団折り図集 Vol.14
(絶版)
- カンガルー(親子ver.)

Folding Australia 2007
- カンガルー
- 白鳥

[記事]
折紙探偵団マガジン128号
- ペーパーフォルダーの横顔・43(インタビュー記事)

折紙探偵団マガジン113号
- おりすじ「折り紙小僧の出来るまで」

折紙探偵団マガジン106号
- コンベンションレポート「Folding Australia 2007」

注)掲載文献が絶版となっている折り図の入手は残念ですが諦めて頂くしかありません。お問い合わせもご遠慮ください。

入手出来るものについては是非手に入れて折って頂きたく思います。
最近のトラックバック -Recent Track back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。