スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルボルンの電車 後編

日本ではまずありえない事を平気でやってのけるオーストラリアの素敵な電車のお話。



前回の終わりでなんとか電車から脱出した私達は、寒風吹く中次の電車を待っていた。すでに予定の15分が経過しているのは言うまでもない。
そんなこんなで次の電車がホームに現れ、私達はそれに乗り込んだ。電車のドアがスムーズに開くことにこれほど感動する事はもう無いだろう。

電車は何の問題も無く次の駅に着き、停車、そして出発した。
それから数分後、その次の駅に停車、出発。
さらに数分後、停車。だが窓の外にホームは見当たらない。逆側なのだろうか、と後ろを見てもやはり無い。

そこにアナウンスが流れる。
「この電車は今本来の線路と違う線路に乗っています。正しい線路に乗るために、これからこの電車は前の駅まで戻ります。」

今彼はなんと言った?(再び

違う線路に乗っています
違う線路に乗っています

これはもう笑うしかない。
同じ日に、同じ路線で、連続した2つの電車がトラブルを起こす確立はいかほどのものか。知っている人がいたらここに来て教えてくれ。

かくして、私達を乗せた電車は数分前に見た駅に戻り、線路を修正して再び動き出した。


もしこれが日本ならどちらの電車の話もその日の夕刊か翌日の朝刊にでも載りそうだが、無論そのような事は無かった。
日本の電車の正確さ、オーストラリアの大らかさを再確認する出来事であった。

電車の話はここまでだが、実はこのあとさらに悲劇が起こったのであった。


電車が再び動き出してから10数分後、私はついに目的地に到着した。
こんな電車もういやだ、と飛び出すつもりでいたのだがしかし、私はその場を動く事ができなかった。
なぜなら、目の前にはメルボルン特有の気候「シャワー」が広がっていたからである。(シャワーとは、メルボルンのあるヴィクトリア州に見られる激しい雨の事で、数分から10数分程度の間まるで滝の様に降るためそのように呼ばれている)
こうして私は涙を雨で隠しながら家に帰ったのであった。



長々と失礼しました。
関連記事

コメント

うっそ~!

ちがう線路って、どういうことやねん。
たとえば、山手線が東京駅で中央線の線路に乗っちゃうとか、京王線の八王子行きが高尾山行きになっちゃったとか、そういうこと?

No title

そういうことやね。

No title

オーストラリア面白すぎる☆ミo(《≧▽≦》)oミ☆

No title

うん、まぁ、ネタとしては面白いんだけどね。
予定よりも1時間帰宅が遅れ、服は濡れ、節水推奨期間なので風呂にも入れない、とくると笑ってもいられない・・・

しかもあの日は宿主が不在のため私が食事を作ることになっていたので、夕飯が遅れるし・・・

お初に!

メルボルンの電車、脅威ですね。私は乗ってられないよ。だって英語わらないんだもん。放送聞くまでもなくパニック、ああ、いやだ、メルボルンに行ったときの参考に、電車以外の乗り物教えてよ。

はじめまして。

kanetatakiさんはじめまして。

もしあの後さらに乗り換えることになっていたら、私もパニックに陥っていたと思います。

電車以外の乗り物とのことですが、私はあまり公共交通機関を使わないのでそこまで詳しくないのです。
一番使ってるのが電車。次がトラムですね。トラムと言うのは路面電車のようなものです。
これにもエピソードがありまして、以前トラムに乗っていたとき、停電が起きて身動きが取れなくなった事があります。

まぁ、本文中の電車やこのトラムのようなことは滅多に起こりませんのでそこまで警戒しなくても大丈夫だと思いますよ。

No title

一人で暮らしているんですか?淋しくありませんか?淋しくなったときには折り紙を折っているんですか?
でも、高校留学なんてリッチですね。

No title

一人暮らしではなく、現地の家庭にホームステイしています。

>淋しくありませんか?淋しくなったときには折り紙を折っているんですか?

もう勉強が忙しくて淋しがってる暇はありませんね。w
そして折り紙はその勉強のストレスを発散させてくれる心のオアシスです。

推理

違う線路になぜ乗ってしまったのか、思いついたことがあります。前の電車(扉故障)を別の線路に追い出す必要があり、線路の接続を変えた。それをすぐに戻さなかったため、次の電車も追い出されてしまった。……こうとでも考えないと、わけがわからん。

No title

そのとうりだよ、ワトソン君。

へえ~

おもしろかったにゃあ。また次の話を更新してほしいにゃん。

Re:へえ~

君は猫か、弟よ。もう少し常識に則ったコメントは出来んのか。

次の話は・・・再び事件が起きるまでお待ち下さい。

はーい

事件よ起きて。

今更ながら

はっはっはっ!まぁ、そんなんしょっちゅうあるって!てか何ラインだよ、それ。二度と乗んないから。

No title

君がコメントしてくるとは思ってなかった。

>何ライン
Glen Waverleyだよ。
君とはもともと縁のないラインだと思うが?

No title

お父さんのページから読ませて頂きました ジョグノートで走りを競い合っています。列車の異線進入それで事故も無く過ごせる驚きですね。日本なら重大な死傷事故で問題になりますね それでも問題にならず国民性なのづしかね。ゴールドコーストマラソンを走りましたがそこまでは判りませんでした。気を付けて頑張って下さい。

No title

幸さんはじめまして。
父がいつもお世話になっております。
その国の人の国民性を知るためには、これくらいの事件があったほうが分かりやすいのかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー -Calendar-
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事 -Recent Entries-
最近のコメント -Recent Comments-
折紙作品一覧 -Creation List-
大体創作順。下に行く程荒削り。サムネクリックで紹介記事に飛びます。
ライオン1.5 -Lion ver1.5-NEW
虎 -Tiger-NEW
クマ -Bear- カワセミ -Kingfisher- うま -horsey- ウサギ -Rabbit- ラブラドール・レトリバー -Labrador Retriever- コリー -Collie- カエル -Frog- リス -Squirrel- ブタ -Pig- 馬 -Horse- キリン -Giraffe- エリマキトカゲ -Frilled neck lizard- ゾウ -Elephant- タヌキ -Raccoon Dog- ネコ -Cat- 七面鳥 -Turkey- モモンガ -Flying Squirrel- 金魚 -Gold Fish- ウシ -Cow- ネズミ -Mouse- ティラノサウルス 2008ver. -Tyrannosaur 2008ver.- トラ -Tiger- ゴリラ -Gorilla- カンガルー(親子) -Kangaroo (Baby & Mother)- カンガルー -Kangaroo- SDフェニックス -SD Phoenix- 烏天狗 -Karasu Tengu-

お蔵入り作品
ライオン -Lion- 兜 -Samurai Helmet- SDペガサス -SD Pegasus- SDティラノ -SD Tyrannosaur- SDトリケラ -SD Triceratops- ティラノサウルス -Tyrannosaurus-
掲載情報 -Diagram, Article List-
genの描いた折り図等が掲載されている文献のリストです。

[折り図]
作品集鋭意執筆中(2015年末出版予定)

端正な折り紙
山口真 著
(一般書籍)
- キリン

折紙探偵団マガジン147号
- カンガルー2013年版

折紙探偵団マガジン143号
- バイオリン

折紙探偵団折り図集 Vol.19
- にわとり

2013 OUSA Annual Collection
- ライオン

Horses in ORIGAMI
John Montroll 編
(一般書籍)
- うま

折紙探偵団マガジン138号
- エリマキトカゲ

Designer Origami
Matthew Gardiner 著
(一般書籍)
- リス(修正版)
- モモンガ(修正版)
- カンガルー(再筆)
- 金魚

Czech Origami Society Diagrams Collection 2012
- ネズミ(修正版)

折紙探偵団折り図集 Vol.18
- キリン

折紙探偵団マガジン132号
- カワセミ

折紙探偵団折り図集 Vol.17
- ウサギ

折紙探偵団折り図集 Vol.16
- リス

折紙探偵団折り図集 Vol.15
(絶版)
- モモンガ
- 七面鳥

2009 OUSA Annual Collection
- ウシ

PAJARITA-CONVENCIÓN 2009
(入手困難)
- ネズミ

折紙探偵団折り図集 Vol.14
(絶版)
- カンガルー(親子ver.)

Folding Australia 2007
- カンガルー
- 白鳥

[記事]
折紙探偵団マガジン128号
- ペーパーフォルダーの横顔・43(インタビュー記事)

折紙探偵団マガジン113号
- おりすじ「折り紙小僧の出来るまで」

折紙探偵団マガジン106号
- コンベンションレポート「Folding Australia 2007」

注)掲載文献が絶版となっている折り図の入手は残念ですが諦めて頂くしかありません。お問い合わせもご遠慮ください。

入手出来るものについては是非手に入れて折って頂きたく思います。
最近のトラックバック -Recent Track back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。